【新米ママパパ必見】子育てが楽になる!?モンテッソーリ教育とは…

早速ですが、今回は本題に入る前に紹介したい方がいます。

今回の内容を紹介するにあたって、アシスタントをしてもらう

『けい』さん  です。

私だけでは文章がかたくなり面白みに欠けるので、今回は2人でお届けします。

けい
けい

『けい』です!
少しでも内容を分かりやすくするために頑張りますので、よろしくお願いします。


それでは本題に入っていきたいと思いますので、けいさんよろしくお願いします。

けい
けい

はい!

では今回のタイトルは「子育てが楽になる!?モンテッソーリ教育がもたらす子育てへの影響」ということですが、どういう内容なのですか?

子育てに関する内容ってことはわかるのですが…


子どもが生まれる前に私が知った「モンテッソーリ教育」というものがあるのですが、今回は「モンテッソーリ教育」を知っていたことで子育てにどんな影響があったのかということを紹介したいと考えています。

  • 子育てに漠然とした不安を抱えているプレママ・プレパパ
  • 子どもはかわいいけど、子育てに疲れてきたママ・パパ
  • モンテッソーリ教育って聞いたことがあるけど、どんなものかざっくり知りたい


という方に向けて、私が感じたことなどを紹介していきます。

こちらを読んでいただければ、

  • モンテッソーリ教育のざっくりした概要がわかる
  • 子育てに対するハードルが和らぐ


そんな内容になっています。

けい
けい

わかりました!

それでは具体的な内容について説明をお願いします!

スポンサーリンク

モンテッソーリ教育とは

けい
けい

そもそも「モンテッソーリ教育」って何ですか?

私は聞いたこともないのですが…


「モンテッソーリ教育」はイタリア初の女性医師であるマリア・モンテッソーリにより提唱された教育法です。

基本的な考え方は、

「子どもは自らを発達させ、発達させる力を持って生まれてくる。したがって大人である親や教師は、子どもの成長要求をくみ取り、自由を保障すると同時に、子どもたちの自発的な活動を援助する存在に徹しなければならない」

引用:伊藤美佳著『モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方』より


となっております。

けい
けい

…どういうことですか?

もう少しわかりやすくお願いします。


ものすごくざっくり言うと、

子どもは勝手に育つ能力をもっているから、大人はその様子を見守りながら、子どもが成長できる環境づくりなどのサポートをすればよい


ということです。

「親が手取り足取り面倒を見ながら子どもを育てる」ということではなく、「子どもは自分で自分を育てることができる」ということなんです。

そのため、親は過度に干渉する必要はなく、「見守りつつ、成長できる環境を整えてあげればよい」というのが「モンテッソーリ教育」なのです。

けい
けい

「モンテッソーリ教育」ってそういうものなんですね。

私が今まで考えていた教育や子育てとは少し異なっていて、興味がわいてきました。


それではもう少しモンテッソーリ教育についてお話させていただきます。

スポンサーリンク

著名人が受けてきた教育

けい
けい

でも「モンテッソーリ教育」って誰が受けてたんですか?

あんまり聞いたことがないから、信用してよい教育方法なのかちょっと心配です。


その気持ちわかります。

私もそんな疑いの目を向けてました。

でもモンテッソーリ教育って、世界の著名人が受けてきた教育なんですよね。

例えば、

  • グーグル創業者のラリー・ペイジ、サーゲイ・ブリン
  • Amazon創業者のジェフ・ベゾス
  • Microsoft創業者のビル・ゲイツ
  • オバマ大統領
  • イギリス王室のウィリアム王子、ヘンリー王子

といった方々がモンテッソーリ教育を受けたと言われています。

日本では、将棋界に衝撃をもたらした棋士の藤井聡太さんがモンテッソーリ教育を受けていたそうです。

けい
けい

わ~、有名な人がいっぱい!

モンテッソーリ教育ってすごいんですね!


まあ、モンテッソーリ教育を受けたから一流になったと言うのはやや強引だと思いますが、少なくとも一流の人が受けていた教育であるということは事実のようです。

スポンサーリンク

モンテッソーリ教育が子育てにもたらした影響

それでは私が実際に感じた「モンテッソーリ教育が子育てにもたらした影響」についてお話したいと思います。

けい
けい

いよいよ一番気になるところですね!

子育てで神経質になりすぎずにすむ

モンテッソーリ教育を知るまでは、「子育てって相当神経使いそう」って思ってました。

まあ実際、かなり神経を使います。

でもモンテッソーリ教育を知っていたため、必要以上に神経を使わずにすんでいるのかなと思ってます。

たとえば、子どもって本当にティッシュを箱から引き出しまくるんですよね。

それを見ると普通なら

散らかるからやめてくれ~

なんでこんなことするんだろう。
しつけがうまくできてないからかな…


みたいなことを考えると思います。

ところがモンテッソーリ教育を知っていると、

今はティッシュを引っ張るという動作で指先の使い方を学んでいるんだな。

しっかり学べるようにこのままやらせてあげよう。


という気持ちになります。

なぜそんな気持ちになれるのかというと、前述したとおり、モンテッソーリ教育においては、「子どもは自分で自分を育てることができる」と考えるからです。

つまり、ティッシュの例で言えば、「ティッシュを引っ張って指先の使い方を学びなさい」と子ども自身が課題を出し、それに取り組んでいると考えるのです。

モンテッソーリ教育では、子どもがある物事に強く興味をもち、繰り返し同じ動作を行う「敏感期」というものがあると考えています。

今回、敏感期について詳しく説明することはしませんが、この「敏感期」に基づき、子どもは行動しているというのです。

一見するとただのいたずらのように見える行動も、子どもからすると自分自身で学んでいる最中なのです。

それを理解すると、子どもの行動をおおらかな心で見守ることができ、子育てにおいて無駄に神経質にならなくて済むのです。

私自身、子どもがけがなどしないようには気を付けていますが、それ以外のことは「今は何の敏感期かな?」という気持ちで子どもの行動を見守る程度ですごしています。

結果として部屋が散らかることも多々ありますが、散らかった部屋はあとから片付ければ良いし、子どもが自ら学んでいるのだと考えると散らかっているくらい全く問題ないと感じています。

子どもがのびのびすごせる

モンテッソーリ教育の考え方を親が知っていれば、子どもの行動を変に遮ったりしなくなるはずです。

そうなれば子どもとしても、のびのびと自分の教育ができるわけです。

のびのびと自分の教育をしている間は、教育に集中できるので子どもも静かにすごしてくれるんですよね。

うちの子はまだそこまで感じたことがないのですが、「秩序の敏感期」というものがあり、子どもの中にある秩序を大人が乱したりすると大泣きしてしまうことがあるそうです。

しかし、「秩序の敏感期」の存在を知っていれば、結果として子どもは自分の秩序を維持でき、機嫌よく過ごしてくれるはずです。

このようにモンテッソーリ教育を知っていれば、子どもにも不要なストレスを与えることなくすごせることになるのです。

スポンサーリンク

モンテッソーリ教育に関する書籍

けい
けい

「モンテッソーリ教育を知る」って、子育てにおいてすごくメリットありそうです!

もっといろんなことを知りたいです!


私自身が詳しく教えられるとよいのですが、子育て歴も短く、モンテッソーリ教育の専門家でもないので、残念ながら自分の経験以上のことについては有益な情報を提供できるとは思えませんm(__)m

なので、私が参考にした書籍を紹介させていただきます!

参考にしていただき、ぜひ読んでいただければと思います。

モンテッソーリ教育で子どもの本当の力を引き出す!

まず1冊目は、藤崎達宏氏の著書『モンテッソーリ教育で子どもの本当の力を引き出す!』です。

私がモンテッソーリ教育に出会った本です。

文庫本になっているため、持ち運びも楽です。

モンテッソーリ教育の基本を学ぶには十分な本だと思います。

0~3歳までの実践版 モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす!

続いて2冊目は『0~3歳までの実践版 モンテッソーリ教育で才能をぐんぐん伸ばす!』です。

こちらは1冊目同様、藤崎達宏氏の著書となります。

子どもが学べる環境づくりについて、より具体的に書かれています。

まさしく「実践編」の本です。

モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方

最後は、伊藤美佳氏の著書『モンテッソーリ教育×ハーバード式 子どもの才能の伸ばし方』です。

「ハーバード式とは何ぞや?」と思わる方もいるでしょう。

これはどうやら著者がモンテッソーリ教育を実践していく中で、IQ以外の才能を見つけるハーバード大学教授の「多重知能理論」を取り入れ、日本人向けにアレンジしたオリジナルメソッド「9つの知能」を開発したそうで、そこから「ハーバード式」という言葉が出てきているのだと思われます。

こちらも2冊目同様、実践的な内容が多いというのが特徴です。

「家庭でできること」を目指していることから、皆さんの家庭でも実践できることばかりが紹介されています。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでいろいろ説明してきましたが、けいさんはどんな印象をもちましたか?

けい
けい

モンテッソーリ教育はとても魅力的だと思いました。

何より「モンテッソーリ教育の考え方を知っておく」ということが大事なのかなと思いました。


そうなんです!

とりあえず「 モンテッソーリ教育の考え方を知っておくこと」が大事なんだと私も考えています。

知っておくだけでも子育てがずいぶん楽になるはずです。

では今回の内容をまとめておきます。

「モンテッソーリ教育」を知っていれば、子どもの行動は自分自身を教育している最中であると理解できるため、親は子どもの行動を「見守る」など、心の余裕をもった子育てが可能となる。


今回の肝はとにかく「モンテッソーリ教育について知っておこう。」ってことです。

当然、紹介したような本には実践的なこともいろいろ書かれていますが、とりあえず「モンテッソーリ教育とはどういうものか」を知っておくだけでも全然違うと思います。

実践的なことは、私自身「できる範囲でやれたらそれで充分」くらいの気持ちで取り組んでいます。

けい
けい

モンテッソーリ教育を知ることの大切さは、ここまでお付き合いいただいた方には伝わったのではないでしょうか。


だとしたら、非常にうれしく思います。

子育ては楽しいことも多いですが、大変なことが多いのもまた事実です。

今回の内容が、子育てをしている方の負担を少しでも減らせるきっかけとなれば幸いです。

最後まで2人のやり取りにお付き合いいただき、ありがとうございました。

けい
けい

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました