【年収が比較的低い人向け】ふるさと納税のメリットを最大限生かす方法


皆さん、ふるさと納税してますか?

私は5年ほど前から毎年ふるさと納税をしています。

ふるさと納税って、「実質2,000円でいろんな返礼品がもらえるお得な制度」といった具合に紹介されていることが多いと思いますが、私もその言葉に乗せられてふるさと納税を始めました。

実際にやってみると「確かにお得なんだろうなぁ」という程度には、ふるさと納税のメリットを感じています。

一方で、「お金持ちでなければ、やり方を間違えると全然お得に利用できない」とも感じています。

そこで今回は、私が感じている「庶民がふるさと納税のメリットを最大限生かす方法」について紹介させていただこうと思います。

  • ふるさと納税を生活の足しにしたい
  • ふるさと納税で節税したい
  • 今後ふるさと納税をやってみたいけど、注意点を知っておきたい


このような方にはぜひ読んでいただきたいと思いますし、読んでいただければ、ふるさと納税で損することはなくなるはずです。

スポンサーリンク

なぜふるさと納税はお得と言われているのか~ふるさと納税の仕組み~

それではこの後のお話を理解していただくためにも、最初にふるさと納税の仕組みについて、簡単に説明しておきます。

ふるさと納税は寄附

ふるさと納税とは、自分のふるさとや応援したい自治体に対し寄附をすることで、住民税や所得税が控除されたり還付されたりする制度です。

ふるさと「納税」と言いながら、実態は寄附なんですね。

なぜ実質2,000円でいろいろな返礼品がもらえると言われているの?

「ふるさと納税=実質2,000円でいろいろな返礼品がもらえる制度」と理解されている方も多いと思いますが、なぜ「実質」2,000円と言われているのでしょうか。

それは、先述したとおり、ふるさとや応援したい自治体に対し寄附をすることで、住民税や所得税が控除されたり還付されたりするのですが、寄附した金額のうち2,000円については控除や還付の対象にならないということなのです。

わかりやすくするために、例を紹介します。

私(A市在住)が、B市に対して1万2,000円のふるさと納税を行ったとします。

そのうえで確定申告等の手続きをきちんと行えば、納めるべき所得税や住民税が1万円少なくなるのです。

1万2,000円寄附し(支払い)、1万円税金が少なくなる。

つまり実質2,000円の支払いとなるのです。

なぜふるさと納税がお得と言われるのか

2,000円多く支払ってるじゃん!

損してるんじゃない?


こう思った方もいると思います。

ていうかその考えはある意味正しいのです。

だって2,000円多く支払っているんだから。

ではなぜふるさと納税はお得なんでしょう?

ふるさと納税をお得な制度にしているもの…それが返礼品なのです。

2,000円多く支払ったとしても、返礼品の価値(金額)が2,000円を超えていれば、2,000円の負担でそれ以上のプラスを得ることができるのです。

なので、ふるさと納税をお得に利用したいと考えている方は、いかに2,000円を超える価値のある返礼品を手に入れるかということが重要なわけです。

余談ですが、もし返礼品のない自治体にふるさと納税するとどうなるのでしょうか?

当然、普通に納税するより2,000円負担が多くなるだけなのです。

スポンサーリンク

庶民がお得に利用するための注意点

それではいよいよ、庶民がふるさと納税をするときの注意点について、具体的に説明していきます。

控除上限額をきちんと把握する

これは絶対に怠らないでください。

控除上限額を知らずにふるさと納税をしてしまうと、①(ふるさと納税のし過ぎで)負担が2,000円を超えてしまう、②(ふるさと納税が少なすぎて)本来控除できる枠を使い切らないためもったいない、という事態が生じてしまいます。

自分の控除上限額の調べ方は?


という方については、「ふるさとチョイス」「楽天ふるさと納税」といったふるさと納税専用サイトに控除上限額をシミュレーションできるものがありますのでそちらを利用するとよいでしょう。

総務省のふるさと納税ポータルサイトにも、上限額を計算するエクセルシートがありますので、そちらを利用してもよいと思います。

とにかく、自分の控除上限額をしっかり把握し、適切な金額でふるさと納税をするよう心掛けてください。

2,000円は支払っているのだと理解する

何度も繰り返していますが、ふるさと納税はどんなにうまく使おうとしても、2,000円は負担する必要があります

なので、当然返礼品の金額が2,000円未満であれば、損してしまいます。これは皆さんに理解していただけると思います。

そこでもう一歩踏み込んで考えてみましょう。

皆さん、2,000円で5,000円相当の贅沢品が手に入る場合と2,000円で2,000円分の本当に必要なものが手に入る場合ではどちらが良いでしょうか?

私なら、本当に必要なものを手に入れたいと思います。

なぜなら2,000円負担して大して願ってもいない贅沢をするのは「無駄遣い」と考えるからです。

タダで贅沢なものが手に入るならば素敵ですが、自分で金銭を負担するのであれば、本当に必要なものに使うほうが満足度は高いのではないでしょうか。

ふるさと納税で無駄遣いすることは本意ではないはずです。

ふるさと納税をお得に利用したいならば、「2,000円負担してまでふるさと納税をする必要があるのか」、「2,000円は負担しているのだから、生きたお金の使い方をしよう」といったことを意識して、ふるさと納税を行うことが重要なのです。

スポンサーリンク

注意点を踏まえて、私がふるさと納税で実際にやっていること

では、紹介した2点の注意点を踏まえて、私がふるさと納税で実際にやっていることを紹介します。

ズバリ

  • 量の多い冷凍肉が返礼品になっている自治体にふるさと納税をする

です。

ふるさと納税を始めてから、少なくとも1か所はお肉が返礼品となっている自治体にふるさと納税をしています。

お肉って、夕飯のおかずなどで頻繁に使いませんか?

うちは結構使いますし、スーパーに行くたびにお肉を買っています。

なので、その部分で節約を行うわけです。

昨年は私の限度額をすべて冷凍肉がもらえる自治体にふるさと納税したところ、冷凍庫に入りきれないほどのお肉を手に入れることができ、しばらくスーパーでお肉を買う必要がありませんでした。

お肉オンリーですか…(´・ω・`)


まあ確かに、お肉が苦手な方もいるでしょう。

考え方としては

  • 長期保存でき、普段からよく使う食料品

を狙うということです。

それが庶民のふるさと納税にとって最も無駄がない選択ではないかと私は考えています。

そういう観点からすると、お米もよい選択肢になると思っています。

私の場合は、母の実家がお米を作っており、お米についてはお金を出していないという特殊な事情があるため、ふるさと納税でお米をもらうという選択をすることはありませんでしたが、お米を買っているという家庭においては非常に良い選択肢ではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

では今回のまとめをしておきます。

  • ふるさと納税は寄附であり、確定申告などの手続きを行うことで、税金が控除されたりする。
  • 収入により税金の控除上限額があるため、まずはその金額をきちんと把握する。
  • ふるさと納税をお得に使うなら、「無駄遣い」をしないこと。おすすめ返礼品は「長期保管が可能な普段からよく使う食料品」


以上が今回お伝えしたかった内容です。

余談になりますが、最近ふるさと納税について、

  • お金持ちが有利な制度
  • 総務省が制度を見直し、返礼品の返礼割合を3割以下と法律で定めたことによるメリットの減少
  • 制度の趣旨をゆがめることに加担している罪悪感


という面を強く感じています。

このあたりについては、また別の機会でお話しできればと考えております。

まあ、それでも使い方によってはお得な制度なので、引き続きふるさと納税制度を利用していきたいと考えておりますし、返礼品や返礼割合以外の部分でさらにお得に利用できそうな方法も知りましたので、実践したのちに皆さんにご紹介させていただきたいと思います。

それでは今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました